2021年01月24日 03時のデータ

YouTubeチャンネル概要

テレビ局ならではの正確なニュース・情報をスピーディーに高画質で!!テレビ朝日系列26局が総力を挙げ取材したニュースはもちろん、天気予報や注目の記者会見、ライブ配信など盛りだくさん!
Note: The news script automatically converted to audio will be our original news and/or officially licensed news written by professional journalists. The final videos will be appropriately reviewed by professional human news editors before being uploaded.

動画数

0

ANNnewsCHの人気YouTube動画

新大統領・・・米国民の受け止めは?町山智浩氏に聞く(2021年1月21日)

第46代アメリカ大統領にジョー・バイデン氏が就任しました。新大統領は現地でどう受け止められているのでしょうか。アメリカ在住で、映画評論家・コラムニストの町山智浩さんに話を聞きます。 (Q.バイデン新大統領の演説を聞いて、どんな印象を受けましたか?) 町山智浩さん:「ユニティー、団結という言葉を約7回使いました。トランプ氏がヘイト、憎しみを政治的な道具に使って分断が進んだので、まずそれをまとめることが第一の課題であるということです。また『私を支持していない人たちのためにも大統領として働く』と述べていました。自分に投票した人ではなく、しなかった人に向けて演説をしたというのも大きいと思います」 (Q.アメリカの人は演説をどう受け止めていますか?) 町山智浩さん:「議会の乱入事件など、異常な事態が続いていたので、やっと普通に戻れるという安ど感が非常に大きいです。株式市場を見ると分かりますが、今回の就任式の間、株価はどんどん上昇していて、史上最高値を記録しました。バイデン政権に対する期待感が大きかったんだと思います」 (Q.バイデン政権には課題も多くあるんじゃないでしょうか?) 町山智浩さん:「やはり、トランプ氏が『メディアの報道することはフェイクニュースだ。信じるな』と言い続けました。そのため、トランプ氏を支持している人たちは、バイデン氏は不正によって当選したとして、大統領だと思っていません。トランプ支持者の人たちをどういった形で説得していくのかというのは、大きな問題になると思います」 バイデン新大統領は就任式後、トランプ政権の政策を覆す大統領令などを出しています。新型コロナ対策ではWHO(世界保健機関)からの脱退の撤回、移民政策では国境の壁建設の中断、環境問題ではパリ協定への復帰など、9つに上っています。 (Q.トランプ氏が推し進めてきた政策を一気に転換する印象を受けますが、アメリカの人はどう受け止めていますか?) 町山智浩さん:「今回のほとんどが、全く新しい変革ではなくて、トランプ政権以前にあった政策に戻すという形です。ですので、通常に戻るという感覚が近いです。このなかで大きいのは移民政策です。バイデン新大統領は今回、難民を受け入れる体制を取っているので、大きな問題になると思います。中米の方で政治的な不安定さ、犯罪の多さから、子どもをもった人たちが、すでにアメリカに移動し始めています。彼らが国境まで来た時にどう対応するのかという問題が、すぐに迫っています」 (Q.トランプ政権時の政策を転換することについて、トランプ支持者はどう受け止めていますか?) 町山智浩さん:「トランプ氏が大統領に就任して1番最初にやったのは、イスラム圏などの国からの入国禁止です。これが排他的な人たちから人気を得ましたが、結果としてアメリカ全体の支持は得られませんでした。今回の転換に、中核をなすトランプ支持者は怒りますが、アメリカ全体としては、そういった人たちはそれほど多くありません」 (Q.一部の人がトランプ政権の政策を支持し続けるとなると、バイデン新大統領が掲げた団結は難しくなりますか?) 町山智浩さん:「はい。ただ、現在、バイデン新大統領の支持率はギャラップの調査で68%と非常に高いです。トランプ氏が大統領に就任した時は40%台でした。それに比べると、バイデン政権は最初から大多数の支持を得ています。ただ、トランプ支持者のなかには、信者に近い人たちが多くなっています。カルト化と言われ、実際に宗教団体的なところがあります。世界を支配しようとしている陰謀があって、トランプ氏はそれと戦う神に選ばれた救世主だと信じている人たちがいます。こうした人たちは『Qアノン』と呼ばれ、議会襲撃をした人たちの中にも、服にQと描かれていたり、Qという旗を掲げる人がいました。こうした人たちは人数は少ないですが、非常に過激で頑ななので、どう説得していくかというのは大きな問題になると思います」 (Q.“トランプ信者”と言われる人たちにどう対応していくのかが、団結の訴えが届くかどうかにかかわってきますか?) 町山智浩さん:「人数が少なくても過激なので、コントロールしにくいです。トランプ大統領と同じように、ツイッターから排除されて消えましたが、表面的なものです。地下に潜って、過激な人たちが集うSNSの中でさらに過激化していく可能性があり、非常に危険です」 バイデン新政権では女性が多く起用されていて、内務長官のデブラ・ハーランドさんは、アメリカ先住民として初めての閣僚入りを果たしました。また、同性愛を公表しているピート・ブティジェッジさんを、運輸長官に起用するなど多様性が重視されています。 (Q.多様性を重視した人事は、アメリカでどう受け止められていますか?) 町山智浩さん:「トランプ政権の閣僚は、ほとんど白人の高齢男性ばかりでした。それに対して、はっきりとNOを示しているのが、今回の人事だと思います。さらに、民主党の中でも左派の人たちは入っていません。そういった意味では、中道的なバランスの取れた人事だと言われています」 (Q.トランプ氏の影響力は今後も続いていきますか?) 町山智浩さん:「まず、2年後の中間選挙で、トランプ派と非トランプ派が予備選で対決することになります。そこでトランプ派が勝つと、共和党がトランプ氏に乗っ取られる形になるので、共和党は今、トランプ氏をどうするかという瀬戸際に立たされています。具体的には弾劾です。弾劾決議が続いていて、上院でトランプ氏を弾劾する方に向かえば、共和党はトランプ氏の影響力を絶つことができます。弾劾できないと、2年後にトランプ派の議員を増やされてしまいます。 [テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

雪の中グイグイ前進!付いたあだ名は“ラッセル猫”(2021年1月22日)

雪をかき分けてグイグイと前に進むラッセルネコを発見です。  一面は雪。でも、おかまいなし。  雪をかき分けてグイグイと進んでいくのが、長野の温泉宿の看板ネコ「ハチ」です。  体よりも高く雪が積もっていても雪にダイブ。  道を切り開きました。まるでラッセル車のように進むハチはSNSで一躍話題になり、付いたあだ名が「ラッセル猫」。  動画の再生回数はなんと190万回以上。こたつで丸くなるどころか、雪の中を元気に駆け回るハチでした。 [テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

“ネコにマタタビ”の謎解明 人間に役立つ活用も(2021年1月21日)

とれたてのバズった話題をお届けする「トレバズ」のコーナー。 (大木優紀アナウンサー) 今日は非常に気になる急上昇ワード「マタタビ」。実はついに謎が解明されたんです。マタタビといえば「猫にマタタビ」、ことわざのように使われますよね。実はなんでマタタビを好きなのか300年以上解明されていなかったんです。このたび、その謎が解明されたということでこの「マタタビ」というワードが急上昇したんですね。しかも、この新解明によって、私たち人間の夏の悩みも解決できるかもしれない!それくらい広がりのありそうな研究結果なんです。 (小松靖アナウンサー) 人間にも?? (大木アナ) なぜネコがマタタビに反応するのか?300年以上もわからないまま、何かネコって好きだよね?でずっと通ってきました。 (小松アナ) 匂いが好きなのかな?くらいのイメージ。 (大木アナ) その程度ですよね。で岩手大学の研究グループがこのたび解明しました。答えを見ちゃいましょう!こちら!実は「蚊を避けるため」だったんです!! (林美桜アナウンサー) ええ!?そうなの!! (大木アナ) で、この答えにたどり着くまでのプロセスが非常に興味深いので見ていきましょう。そもそもは2013年に岩手大学の宮崎雅雄教授が「ネコはマタタビに対して本当に喜んでいるだけなのか」という疑問を持ちまして研究をスタート。最初はマタタビの葉の成分を分解して抽出していったんですね。するとその中で、ネペタラクトールという成分に対して猫ちゃんがかなり反応していることがわかったんです。で、それって猫ちゃんだけなのかな?ネコ科の他の大型動物にも試してみました。その実験動画があるのでご覧ください! [※動画:ヒョウにネペタラクトールを与えてみる] こちらはアムールヒョウ、白い紙がネペタラクトールなのですが、もう完全にゴロニャン!! (小松アナ) 出たー!!猫ちゃんになった!! (大木アナ) ヒョウがこうなっちゃうのか!じゃあジャガーはどうだろう? [※動画:ジャガーにネペタラクトールを与えてみる] ジャガーはネペタラクトールをペロペロして・・・はいゴロニャン!!ということはネコ科の動物全部ゴロニャンってなっちゃうんですよ!そこで宮崎教授は「マタタビへの反応はネコが現在のネコになる前、1000万年以上前のネコの祖先が獲得していた本能」と推測。だからネコはマタタビを見るとゴロニャンってなってしまうんじゃないか?と仮説を立てました。じゃあ何か重要な役割がこのマタタビにはあるのか?実は簡単な実験で解明されました。ネペタラクトールを塗らない猫ちゃんと塗った猫ちゃんを比べた所、塗った猫は何と止まった蚊の数が半減したんです。 (林美桜アナ) へえー! (大木アナ) これがわかった時、研究チームは大盛り上がりだったそうですよ。え!蚊か!って。 (小松アナ) ネペタラクトールでいろんなものを試したってことですよね。その結果、蚊だったという。 (大木アナ) ネコ科の動物のそもそもの姿というのは藪の中に入って、ちょっと潜んでいて獲物を狙うという習性があったので、やっぱり寄生虫とかウイルスを媒介する蚊から身を守ることは非常に重要な役割があったということなんです。すごくないですか? (小松アナ) そうなると、猫に聞かなきゃわからないですけど、「好きー!」って言ってマタタビをつけてるのか?やっぱり身を守るためっていう本能なのか?どっちなんだろう。さっきの映像は「好きー!」じゃないですか? (大木アナ) もう抗えない本能でマタタビを見ると「ムラムラゴロニャン」ってなっちゃうんだと思います。 (小松アナ) そういう表現だとわかりやすいですね。 (大木アナ) で、このネペタラクトールにこの役割があるなら、人間にも使えそうだぞという研究が進んでいます。で、人間はネペタラクトールの匂いを感じないんだそうです。実際に実験してみると、塗布したあと30分間、蚊に刺されませんでした。 (林美沙希アナウンサー) えー!効果あるんだ!! (大木アナ) ですので今後、匂いのない新しい虫除けアイテム、マタタビ成分配合なんてものも発売される時がくるかもしれないんです! (小松アナ) マタタビは植物だから天然由来ってことでしょ? (大木アナ) そうです。今後への可能性が広がる研究結果、ネコにマタタビ!いかがですか? (林美沙希アナ) この知識を誰かに披露したくなる! (大木アナ) 言いたくてしょうがなくなりますよね!以上トレバズでした。 [テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

急な“逆あおり”避け・・・積み荷破損で損害3000万円か(2021年1月19日)

滋賀県のバイパスを走る大型トラックのドライブレコーダーの映像です。  画面右から現れた白い車が、突然急ブレーキをかけます。  トラックも急ブレーキを踏み、ドライバーのとっさの判断でハンドルを左に切ることで、衝突を免れることができました。  白い車は速度を上げ、そのまま走り去っていきました。  この急ブレーキにより、トラックの積み荷が破損し、損害額は3000万円近くになる可能性があるということです。  大型トラックは、時速90キロ以上は出せない仕組みになっています。  トラックのドライバーはあおられたきっかけについて、「遅く走っている」と思われたのではないかと話しています。 [テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

「駅がない」町にやってきた 全国初!自動運転バス(2021年1月18日)

全国で初めて自動運転バスの運行が始まった街では住民から喜びの声が上がっています。  茨城県境町では去年11月から国内初の試みが始まりました。それは自動運転の路線バスです。  公道で定期運行するのは全国で初めて。現在は新型コロナウイルスの影響で事前予約が必要で、最大9人まで乗れる客席を4人に制限するなど感染症対策を行っています。  自動運転バスの最高速度は20キロ。公共施設などを通る往復5キロのルートを走り、料金は無料です。  一体、どうやって走行をしているのでしょうか。  システムを開発したBOLDL・佐治友基社長:「こちらの車は自分の位置を知るために人工衛星から場所を教えてもらっています」  このバスはGPS(全地球測位システム)で位置を把握、さらに、携帯電話の電波を受信することで微調整しながら登録したルートを繰り返し走ることができます。  気になるのは不測の事態ですが、突然、障害物が現れると減速して停止しました。実は360度センサーが障害物を感知しているのです。実際に公道を走行している時も車が目の前に出てくると自動で減速して止まりました。  さらに、驚くべきは自動運転の精度。停車位置に黒いテープを貼り、どれくらいの誤差が出るか実験してみました。黒いテープのところにピッタリと止まっています。  現在、公道を走る際は法律で運転者の乗車が義務付けられているため、緊急時に対応する担当者が乗っています。運行開始から2カ月以上、事故は一度も起きていません。  境町が自動運転バスを導入した背景には切実な理由がありました。  境町・橋本正裕町長:「一番の課題は駅がないということ。車がないと生活ができない地域」  そのため、高齢者が免許返納をしたくてもできない状態だといいます。さらに、バス運転手の確保が難しい問題も・・・。  境町・橋本正裕町長:「田舎なので本数がたくさんあるわけでもなく、1時間に1本2本とかそういったなかで、若い人が来てバスの運転手になって、ずっと働くかと言ったらなかなか継続が難しい」  そこで、白羽の矢が立ったのが「自動運転バス」だったのです。  現在は停留所が2カ所ですが、今後、増設する予定だといいます。 [テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

イヌの姉妹が大興奮!ダッシュの先には仲良しのネコ(2021年1月15日)

一面の雪に大はしゃぎ。生後2カ月のイヌの姉妹です。  彼女らは普通の柴犬よりも性格がおとなしいとされる山陰地方原産の「山陰柴犬」です。  何かを見つけた姉妹は猛ダッシュ。すると・・・。  おとなしい性格はどこへやら、ネコはもう、もみくちゃです。実は3匹は同じ飼い主さんの元で育ち、大の仲良し。  この様子がSNSに投稿されると、「癒される」と大きな反響を呼び、450万回以上が再生されています。  ちなみに山陰柴犬は数が少ない希少種で、地元では育成活動に力を入れているということです。 [テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

ANNnewsCHに関連するワード

ANNnewsCHの関連YouTubeチャンネル

title
チャンネル登録者
計334,000人
ビデオ視聴回数
計189,547,879人
title
チャンネル登録者
計485,000人
ビデオ視聴回数
計22,683,391人
title
チャンネル登録者
計81,300人
ビデオ視聴回数
計17,891,070人
title
チャンネル登録者
計70,300人
ビデオ視聴回数
計46,226,992人
title
チャンネル登録者
計180,000人
ビデオ視聴回数
計237,453,056人
title
チャンネル登録者
計59,200人
ビデオ視聴回数
計30,239,642人

過去1ヶ月の日次チャンネル登録者数推移

過去1ヶ月のビデオ視聴回数推移

トップへ戻る