2021年04月21日 03時のデータ

YouTubeチャンネル概要

孤高のHIP HOPアーティスト。

「険しい道を敢えて選ぶ」という自身の歌詞にもある通り、勝ち上がり辛い環境から、頂点を目指すラッパーである。

オリコン総合DVDチャートにて1位を獲得をはじめ、音楽アワードMTV VMAJ 2015にて「BEST HIP HOP ARTIST」を受賞。
ニューヨークのNo.1 HIP HOPラジオ局と名高い”HOT97”に日本人として初のインタビューを受け、同局主催イベントへのライブ出演も果たす。国内では、2014年に日本武道館を含むアリーナツアーを成功させ、翌2015年にはキャリア最大規模となる全国13都市を回るホールツアーを開催した。プロ野球選手登場曲の使用率No.1に3度輝く('14年,'15年,'17年)。ボクシング世界王者やサッカー選手、騎手、体操、格闘技などのトップアスリート達から、IT企業や多くの経営者達まで、各方面より絶大な支持を受ける。

2016年1月、さらなる"インディペンデント"を求めて、自身が代表を務める「Flying B Entertainment Inc.」を設立。
2016年4月、伝説的なHIP HOPレーベル「Def Jam Recordings」の日本での再始動後初のアーティストとして電撃契約を果たす。
2016年11月23日、同レーベルより初のフルアルバム『DAWN』をリリース。
そして、2017年10月18日。約3年半振りとなる日本武道館ライブ「DAWN in BUDOKAN」を開催。全席完売・満員御礼の大観衆の中、日本のHIP HOP史に新たな1ページを刻んだ。

2018年3月には、その武道館公演「DAWN in BUDOKAN」の映像商品、5月には、衝撃のシングル「BRAVE feat. Toshl (X JAPAN)」配信、6月にはこのシングルを含む、究極コラボBESTアルバム『無双Collaborations -The undefeated-』をリリース。9月から全国24箇所のツアーを1月27日の札幌公演で大盛況のもと終了、待望のDef Jam Recordings 2ndアルバム『THE ANTHEM』を2月27日にリリース、そして自身3回目にして初の2日連続武道館公演を2019年3月30日、3月31日に開催した。ソロデビュー15周年を総括するように、1日目を2004年から2011年、2日目を2012年から2019年までと年代を分け、全60曲以上の異なるセットリストで敢行。満員御礼の大成功を納めた。

"勝ちは勝ちでも、こだわる勝ち方"。そのAK-69の信念を曲げぬまま、

真の伝説は今、夜明けを迎える…。

動画数

0

AK-69 - Topicの人気YouTube動画

AK-69 - Topicの関連YouTubeチャンネル

title
チャンネル登録者
計527,000人
ビデオ視聴回数
計249,989,085人
title
チャンネル登録者
計1,200,000人
ビデオ視聴回数
計717,075,650人
title
チャンネル登録者
計106,000人
ビデオ視聴回数
計61,182,300人
title
チャンネル登録者
計23,500人
ビデオ視聴回数
計793,920人
title
チャンネル登録者
計1,390,000人
ビデオ視聴回数
計1,093,779,399人
title
チャンネル登録者
計1,260人
ビデオ視聴回数
計18,988,339人

過去1ヶ月の日次チャンネル登録者数推移

過去1ヶ月のビデオ視聴回数推移

トップへ戻る