> > N国 立花党首 なぜ議員辞職?

2020年05月31日 06時のデータ

N国 立花党首 なぜ議員辞職?

説明

NHKから国民を守る党・立花孝志党首が記者会見を開き議員辞職を表明した。
政治部の中村寛人を交えて立花党首の会見を見る。
立花党首は、10日に告示される埼玉選挙区の参議院選挙に3人の候補者を立てていたが、いずれも不調に終わったということで、立花党首自身が出るという決断をした。
立花党首は、国会議員に初当選して初めての国会登院の日に「鞍替えして衆議院議員になるべき」と記者団に発言している。

#N国党#立花党首

テレ東NEWSの人気YouTube動画

「自粛疲れの気晴らしに・・・」コロナ禍で首都高暴走

緊急事態宣言の期間などに、首都高速道路を違法な速度で走行したとして、いわゆる「ルーレット族」の20代の男性4人が道路交通法違反の疑いで、書類送検されました。 4人は法定速度を50キロ以上超えて走行した疑いがもたれています。 調べに対し、「自粛疲れの気晴らしに走りに行った」などと容疑を認めています。

富士総合火力演習 全部見る

5月23日、陸上自衛隊による国内最大規模の実弾射撃演習、富士総合火力演習(昼の部)が行われました。 演習には例年2万人以上の観客が訪れますが、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため今年は一般公開を中止したほか、参加する隊員の数も7割ほどに縮小しました。 演習では中国の海洋進出を念頭に、離島に攻め込んできた敵の部隊を戦車や大砲で攻撃する様子が披露されました。 #富士総合火力演習#陸上自衛隊#実弾射撃#テレ東NEWS

レンタカー大手ハーツ コロナで経営破綻

アメリカのレンタカー大手ハーツ・グローバル・ホールディングスは22日、日本の民事再生法に当たる連邦破産法11条の適用を裁判所に申請し、経営破綻しました。 新型コロナウイルスの感染拡大で、空港からの利用客が大きく減るなど、業績の悪化に拍車がかかりました。 今後は法的手続きのもとで再建を目指します。

国内初!“砂漠の天使”スナネコの赤ちゃんが誕生

よちよちと歩く子猫。 これは、砂漠に生息し愛らしい見た目から”砂漠の天使”とも呼ばれるスナネコの赤ちゃんです。 栃木県那須町の「那須どうぶつ王国」で4月27日に生まれました。 那須どうぶつ王国によりますと、スナネコは、神戸市の「神戸どうぶつ王国」でも飼育されていますが、赤ちゃんが生まれたのは国内で初めてだといいます。 誕生した赤ちゃんは雌で、生まれた直後は衰弱していて、体長およそ13センチ、体重およそ59グラムでしたが、3週間で体長およそ15センチ、体重は4倍のおよそ242グラムにまで成長したということです。 那須どうぶつ王国は新型コロナウイルス対策のため休園を続けていましたが、23日に再開し、赤ちゃんは7月ごろ公開する見込みだということです。 #スナネコ#那須どうぶつ王国#国内初#休園#再開

トヨタ・ホンダ販売去年並みに

去年の水準まで急回復です。 トヨタ自動車が、4月に中国で販売した新車の台数は1年前と比べて0.2%増加し、新型コロナウイルスの感染拡大以降、4ヵ月ぶりにプラスとなりました。 地方政府が自動車の購入促進策を相次いで打ち出したことなどが回復につながったとみられます。 一方、感染の震源地である湖北省武漢に工場を持つホンダも、4月の中国の販売は1年前の90%まで回復しました。

トランプ大統領「WHOへの資金止める!」に、中国が“次の一手”? WHO巡る米中対立が「先進国」対「新興国」にも…その「背景」は

テドロス事務局長「WHOは当初から迅速かつ断固として行動し、世界に繰り返し警告していました」「早い時期から世界に対して、感染拡大を防止し準備するよう繰り返し言ってきた」「非常事態宣言」から3ヵ月となる4月30日を前にこう述べた、WHOのテドロス事務局長。 世界に実績をアピールしましたが、その2週間前…トランプ大統領「私はWHOへの資金提供をやめるようきょう、政府に指示した」「WHOの不当な運営などについて評価が完了するまでだ」アメリカのトランプ大統領が、WHOへの資金供給を停止する、と発表。 WHOと、トップのテドロス氏に「NO」を突きつけていました。 「われわれはずっとWHOへの最大の貢献者だった。しかしWHOはわれわれ「ミスリード」した」「今やWHOは文字通り中国の“パイプオルガン”だ」今や新型コロナウイルスで世界最多の感染者と死者が出ているアメリカ。 トランプ大統領は「WHOの中国寄りの姿勢が今回の感染拡大を招いた」と繰り返し激しい口調で非難を重ねています。 4月16日のG7電話首脳会談の場では、各国のトップに「WHOの徹底的な見直しと改革」を呼びかけました。 すると…イギリス・ラーブ外相「ウイルスがどのようにして発生したのか、感染拡大をもっと早く止められた可能性について厳しい質問をしなければならない」イギリスのラーブ外相が真っ先に応じました。 フランス・マクロン大統領もフィナンシャル・タイムズのインタビューに対し中国からの感染拡大について「起きていながらわれわれが知らないことがある」と、中国による事実の隠蔽を指摘。 さらに、「中国の方がずっとうまく新型コロナに対処しているなどと、ばか正直でいることのないように」と忠告しました。 そして、中国との貿易をことさら重視してきたドイツのメルケル首相は…「中国がこのウイルスの出現の話をより透明にすればするほど、全世界の私たちがよろ対応しやすくなる」「でも私たちはまだそれについて話が出来ていない」さらに、中国への警戒感が高まりつつあるオーストラリアも…「このウイルスは世界中で20万以上の人々の命を奪い、世界経済をシャットダウンした。その影響は驚くべきものだ。ウイルスがどのように起こったのか、世界が独立した評価を求めるのは当然のことだ」被害拡大に苦しむG7各国がにわかに展開する、WHOと中国への包囲網。 これに対して…ロシア・ラブロフ外相「国家として、世界全体として協力することによってのみパンデミックのような課題に効果的に立ち向かうことが出来る」ロシアが、WHOと中国の側につきました。 さらにそのロシアとブラジル、インド、南アフリカに中国を加えたBRICS=新興諸国も4月28日、外相会合を開いて、逆にWHOへの支持を表明。 BRICS各国をめぐっては、金融危機の時に資金を融通し合う外貨準備の基金を作っています。 およそ10兆円規模を目指す、と2014年に合意したさい4割を超える拠出金を中国が担うことになりました。 各国の結びつきの背景にある、「チャイナマネー」。 そして…。 「中国政府は先に発表した21億円に加えてあらたに32億円をWHOへ寄付する。寄付金は新型コロナウイルスの予防や発展途上国の保健システム構築に使われる」WHOに、さらなる「チャイナ・マネー」が注ぎ込まれることに。 資金供給をとめる、と発表したアメリカに代わって中国がカネを出すことで、影響力を強めようという思惑も…さらに中国は、「新型コロナ外交」も展開。 感染防止のため127の国に防護マスクなどを提供し、11ヵ国に医療チームを派遣して存在感をアピールしています。 「言いたくは無いが感染拡大は止められた。中国が止めてさえいれば全世界はそう思っている」「WHOは全世界で何10万もの人々を死に追いやった。WHOは恥を知れ」トランプ大統領は4月30日、今回のパンデミックの責任は「中国とWHO」にあると断言。 今後の報復を示唆しています。 WHOをめぐる米中の対立は「先進国」対「新興国」にも飛び火して、さらに激しくなりそうです。 #WHO#テドロス#トランプ#中国#アメリカ#新型コロナ#新型コロナウイルス#チャイナマネー

テレ東NEWSの関連YouTube動画

トップへ戻る